焦げ付きにくいフライパンの選び方

この記事をシェアする
B!

自分にとって使いやすい物がベストです

フライパンに使われている素材は何があるか

フライパンに使われる素材は数えきれないほどあるので、購入の際にも迷うかと思います。
良く見かけるものをピックアップすると、鉄製、アルミ製、銅製、ステンレス製、チタン製、ガラス製があります。

熱が伝わりやすいもの、反対に熱の伝わりが遅いものなど、それぞれの特徴と食材との相性があるので、プロの料理人は作る料理によってフライパンを使い分けたりしているようです。

家庭でも料理で使い分けるのも楽しそうですし、手軽に料理をしたい人は手入れも簡単で、深めのフライパンにして、鍋の代用が出来る方が良い場合もありますね。

重さもそれぞれ違うので、軽い方が好みの人もいれば、ずっしりと重い方が扱いやすいと言う人もいるでしょう。

それぞれの素材について検証

プロの料理人が使う事が多い鉄製、アルミ製、ステンレス製は手入れをきちんとしないと焦げ付きやすくなってしまったり、くっつき易いなど扱いが難しいのがデメリットです。
鉄のフライパンはきちんと手入れをすれば耐久性も高く、使い続ける事によりフライパンに油が馴染むので焦げ付きにくくなります。

アルミ製やステンレス製は特徴から使えない食材もあるので、一般家庭では扱いにくいかもしれません。

銅製のフライパンは熱の伝導率は他の素材と比べると抜群に良いので、プロの御用達とも言われています。
大変優れたフライパンではありますが、高価で手入れが手間がかかるのがネックです。
家庭でも扱いやすいタイプの銅製のフライパンも販売されているので、そちらの方が家庭では使いやすそうです。

ステンレスやチタンやガラスは炒め物には不向きなのでフライパンとしては使い勝手が悪いかもしれません。