焦げ付きにくいフライパンの選び方

この記事をシェアする
B!

値段も幅広いフライパン

フライパンの価格はどの位なのか

スーパーでは千円以内から、ホームセンターでは3千円程度で焦げ付きにくい加工がされているフライパンが販売されています。

有名メーカ品や、海外製などの品質に拘った家庭用のフライパンの相場は1万円から1万5千円位で、焦げ付きにくい加工もしっかりしているので、高いと感じるかもしれませんが、その分長く使えるようです。

プロの職人が愛用しているような本格的なフライパンは2万円から5万円の物もあります。
フライパンと言えども、高級品はそれなりの価格になるだけでなく、手入れもかなり大変です。

安い物でも、高い物でも使い方を間違えたり、手入れをきちんとしないと使えなくなってしまうので意外とデリケートな調理器具なのかもしれませんね。

いくら位のフライパンが丁度良いのか

調理の際に焦げにくいフライパンを使うなら、半永久に使えるものは存在しないので、コーティングが剥がれてきたら新しい物に変えていくのがベストと言う事になります。

千円未満の物だと数回使ったら剥げてきたと言う話も聞くので、安いとはいえ買い換えの頻度も多くなってしまいます。
安い物で充分だと言う考えならば、3千円位の物が頻繁に買い換えなくても済むので良いかもしれません。

安い物に使われる焦げ付きにくい加工の一部には加熱すると有毒ガスが発生する心配があるものもあるそうです。
それが気になる人はメーカー品や有名海外製の1万円位のフライパンが安心かもしれません。
自宅のコンロとの相性や、扱い方を間違えなければ安い物よりも長くは使えます。