焦げ付きにくいフライパンの選び方

この記事をシェアする
B!

仕様は様々なので拘りで選ぶ

料理を楽しむ為にも拘りたいポイント

火が通り切れていないうちに食材が焦げてしまうと、フライパンは出番の多い調理器具ですから、毎回そうなってしまうとストレスにもなってしまいます。

フライパンは炒めたり焼いたりする目的で使うでしょうから、焦げ付きにくく、くっつきにくい素材と言うのは最低限抑えておきたいところですね。

ちょっと焦げ付きが気になるけど使い続けていた時に、新しい物に交換したとたん焦げないし後片付けも楽で、早く交換しておけば良かったなと思う事があります。

使い勝手の悪い調理器具は料理のクオリティや作業効率を下げてしまいますね。
手早く美味しい物をちゃちゃっと作りたい時にも大活躍するフライパンは、焦げない、くっつかないと言う条件は重要です。

末永く大事に使うか、こまめに交換するか

調理人が使用しているような鉄製のフライパンをメンテナンスをしながら20年も使用していると言う人もいます。
最初は焦げ付いてしまうのですが、使い続ける事で油が馴染んでいき焦げ付きにくくなっていきます。
数万円して高級品にはなりますが、気に入った物を末永く使いたい人にピッタリです。
錆びさせてしまうと使えなくなるのでお手入れが必須です。

メーカー品や海外製の物も比較的高価にはなりますが、中にはコーティングに対して10年間の保証がついているものもあります。
保証を使いながら愛用するのも手ですね。

フライパンは高級品でなくても良いけど使いやすい物が良いと言うならば、安い物を使えなくなったら買い替えても良いですね。
個人的には千円未満の物は品質的に心配なのであまりおすすめは出来ません。